よくある質問

 
   ● DA-6130,DA-6350  データ優先に設定すると給紙間隔が非常に遅い
   ● エラーは出ないが、プリンターへデータが行かない。(昨日までは印刷できた)
   ● 給与大臣の年次更新の方法 12月分給与データを入力しようとすると 対象となる社員がいません と表示する
   ● 商奉行・蔵奉行の年次更新の方法





Tanac DA-6130,DA-6350  データ優先に設定すると給紙間隔が非常に遅い

   特にDA6350で、B4及びA4のように大きな用紙へ印刷する場合、優先設定をデータ優先にしないと、前の用紙と出口で
   ぶつかり順番が狂ってしまう場合があります。
   用紙優先では早いのに、データ優先に設定すると給紙間隔が非常に空いて(10〜30秒)印刷が非常に遅くなる場合があります。
       @ パソコンで指定した用紙サイズ(縦)が、実際の用紙サイズと大きく差があると給紙間隔が空いてしまいます。
       A 印刷フォームの用紙サイズを実際の用紙サイズに合わせてください。





商奉行・蔵奉行の年次更新の方法 (請求書を出そうとすると、処理期間が過ぎていますと表示)


  ※ 商奉行は、元データを直接更新するため、年次更新前に必ずバックアップを行うこと

 バックアップ
  1.商蔵奉行2000,21は、入力したバックアップフォルダを作成してから、バックアップしてくれます。
    商蔵奉行98,95,太鼓は、先にエクスプロ-ラで、C:\160131 等当日日付のフォルダを作成して下さい。
  2.[随時処理]の[データコピー処理]をクリック  コピーモードはOBC専用
  3.コピー先フォルダ 商蔵奉行21は、C:\160131\ 等を手打ちして下さい。
               他の商蔵奉行は、手順1.で作成したフォルダを[参照]して指定して下さい。
  4.[OK]をクリックして次の確認も[OK]をクリックする 1〜5分で終了します。
  5.商奉行21以外は、終了すると、データコピー処理画面に戻ります。[キャンセル]をクリックしてください。

 翌年度更新処理
  6.[随時処理]の[翌年度更新処理]をクリックします。
  7.確認が来るので[OK]をクリックします。  5〜10分で終了します。
    終了すると、請求処理,伝表入力等通常処理を行うことが出来ます。

 バックアップした、1年前のデータを活用する場合は、続いて戻し処理を行います。
  8.[機能]の[会社データの読込]をクリックして、手順3.でバックアップしたフォルダを指定して、
    戻し処理を行います。   (新会社として追加読み込みされます)

 <注>通常処理画面に戻り、会計期首年月日が正しいか確認して下さい。
      違っていれば、[機能]の[会社選択]で正しい年度の行をダブルクリックして指定します。





給与大臣の年次更新の方法 (1月からの新年度データを作成)

 ※ 通常はこの処理は1月の給与データを入力するまでに行います。
    ●年末調整を12月〜11月で行う会社の場合、12月分の給与データを入力しようとすると
     対象となる社員がいません
と表示します。
      この場合12月給与は年次更新を行ってから、次年度の最初の12月へ入力します。
    ●この処理は、前年度のデータは残したまま、新年度のデータが作成されます。

  1.給与大臣を起動して、12月まで使用していたデータを選択する。
  2.[ファイル]メニューの下の方にある[年次更新]をクリックします。
  3.確認が2回あるので、[OK]を2回クリックします。
  4.更新が終了すると、確認があるので、[OK]クリックします。
  5.一旦給与大臣を終了して、再度給与大臣を起動すると新年度のデータが、一番上に作成されています。





エラーは出ないが、プリンターへデータが行かない



  Windows 7 8.1 の場合

    1.コントロールパネル をクリック
    2.デバイスとプリンターの表示 をクリック
    3.TANAC DA6350/6130 を右クリックして
    4.印刷ジョブの表示 をクリック
    5.プリンター(P) をクリック
    6.一時停止 及び プリンタをオフラインで使用する にチェックがあれば、クリックしてチェックを消します。

                                               正常
       



  Windows XP

    1.[プリンタ] を開く
    2.印刷しないプリンタの [アイコン] を、右クリックします
    3.以下の正常表示と見比べ、異なる所をクリックします

        →